よくある質問

よくある質問

1トレッキングに最適な時期はいつですか?
トレッキングシーズンは,9月中旬から始まり,5月末まで続きます。9月上旬からモンスーンによる雨が減ります。10月中旬から12月までは,気候も安定しており,夜は冷えますが,暖かい日が続き,視界も良好です。日中は,気温も25度まで上がることもあり,夜は高度ですと5度まで下がることもあります。年間を通じて,ヒマラヤの気候は予測不可能です。それで,異常気象や季節外れの気温に対応できる準備が必要です。
2ネパールの気候はどのようなものですか?
ネパールは,典型的なモンスーン型の気候で,大まかには,6月から9月にかえての雨季と,それ以外の乾季に分けられます。9月から11月にかけての乾季の時期は,年間を通じても最も活動しやすい時期となります。雨季が終わると,田舎の風景が青々と瑞々しくなります。この時期,ネパールが最も美しくなり,ネパール人は色とりどりの祭りを楽しみます。
3トレッキングの経験があまりありません。大丈夫でしょうか?

大丈夫です。しかしながら,鋭い冒険心と,予測のつかない困難にも対応しようと言う覚悟は必要です。それでも,20代から60代まで,様々な方々が私たちと旅を共にしてこられました。百選練磨の方もいれば,ほとんど素人の方もおられます。中には,私たちのトレッキングを通して,ネパールに来たいと言う夢を叶えた方々もおられます。

確かに平地を歩くわけではありませんから,山歩きに適したスタミナが求められます。しかし,こうでなくてはならないというものはありません。一日平均4~6時間歩きます。コースによっては歯応えのある,ハードなものあります。必要であればコースを変えることもできます。また,スタッフが荷物を担いで差し上げたり,ロバを雇って乗ることもできるでしょう。取れる方策はすべて活用して,皆さんが旅を完遂できるようご援助いたします。ですが,最後までご自身の足で歩く決意をするのはあなた自身です。そして,その覚悟と努力の見返りに,掛け替えのない大きな喜びと満足感を味わうことでしょう。

4キャンプトレッキングとロッジトレッキングはどう違いますか?

人気の区域では,地元の好意的な主人が経営するロッジに宿泊することになります。そこでは基本的な宿舎と食事が提供されます。ロッジ・トレッキングでは,地元のロッジから食物を購入します。キャンプ・トレッキングでは,テントで寝泊りし,私たちお抱えのプロのクックが調理します。

*キャンプ・トレッキング  ネパールの荒野をバックにトレッキングすることほどの経験はそうそうできるものではなりません。自由と新鮮な空気,そして息を呑むような風景があなたに生涯忘れられない体験となるでしょう。キャンプ・トレッキングは,ネパールでも伝統的なトレッキング法であり,ネパールならどこにおいても行われていることです。それに比べて,道具もスタッフもガイドもすべて揃い,ポーターがすべてを運び,燃料を炊きながら美食を食べさせる大掛かりなトレッキングは,とても退屈なものです。大自然を踏みしめながら進むキャンプ・トレッキングは,チームワークでもあります。旅の始まりから目的地まで,すべての人が旅の成功に何らかの形で貢献します。私たちは,有害な化学薬品を使わない新鮮な食物をご用意します。可能な限り,缶物を避け,採れ立ての果物や野菜を利用いたします。

*ロッジ・トレッキング(ティー・ハウス・トレッキング)  ティー・ハウスとして知られる地元宿屋やロッジの宿泊は,キャンプ・トレッキングとは異なり,多くの装備を持ち運ぶ必要はありません。必要とされるギアとポーターだけで行動します。ポーターがあなたのリュック以外の荷物を運ぶ中,英語を話すガイドがその日の宿泊地をアレンジします。温かいもてなしの宿に泊まることになります。新鮮で衛生的な食物は,行く先々のロッジで調達します。さらにロッジは,世界中からやってきたトレッカーたちの集まり場所ともなります。そして,山岳地帯のネパール人がどのように生き抜いているかも,自ら体験できますし,幾らかのネパール語も駆使できるようになるでしょう。

5食べ物はどのようなものですか?
訪ねるどの国においても,地元の食事は一つのハイライトです。都市部を離れた期間中の食事はすべて,私たちがご用意いたします。都市滞在中の食事は,朝食を除いて,ご自由に楽しんでいただきます。

ロッジ・トレッキング中の食事は,朝食と夕食は各ティー・ハウスでとり,昼食は途上の食堂でとることになります。

キャンプ・トレッキングでは,食事はすべて,お抱えの熟練したコックが調理します。どのティー・ハウスでも,伝統的ネパリ料理・ダルバート(ご飯と豆のカレースープ)が供されますが,私たちのコース途上にあるティー・ハウスでは,ご飯もの,野菜料理,麺類,ポテトやスープといった選択肢も用意されています。さらにほとんどどのティー・ハウスやレストランでは,軽い飲み物,スナック類,ビールも得られますし,西洋料理もほとんどのメニューに入っています。

6高山ではどのような問題が生じますか?
私たちの旅は,医療品が手に入らない遠隔地にまで及びます。それで,野外救急法(wilderness first-aid)を習得したガイドを確保し,専用の救急キットもご用意して,トレッキングに臨みます。それでも,ご自身用の救急キットを携帯なさるよう強くお勧めいたします。また,旅行前に医療健診や歯の治療を済ませてからおこしになることもお勧めいたします。何より,旅行中は用心深さが不可欠です。とりわけ,食事や水などの衛生には注意を払う必要があります。私たちはこれまで,病気や高山病を避ける点で優秀な記録を保持してきましたが,主にそれは,注意深さに加えて,各国の食習慣に順応する気質が関係しています。私たちは,参加者の安全,快適さ,そして喜びのために日程を計画しています。どうぞ,さらに詳しい情報を含め,旅の前の気掛かりな点はどんなことでもお気軽にご相談ください。
7緊急時にはどうなりますか?
私たちはいかなる緊急事態にも備えており,その対処法にも通じています。私たちのガイドは,野外救急法の訓練を受けており,トレッキング中の疾患にも対応することができます。それでも,ネパール渡航の前に,参加者各自がご自身用に旅行保険に加入することは重要です。それは,高額のヘリコプター救助や治療が必要となる緊急事態にも備えられるからです。
8自然への影響は大丈夫でしょうか?
ネパールの自然環境はとても繊細です。急増する人口は国の環境や資源に計り知れない影響を与えており,来訪者による環境への影響を最小限にとどめることは,私たち各自の責任と言えます。私たちは,アドベンチャーが,トレッキングがなされる地域の人々や環境と健全な共同関係を構築することに依存していると信じています。そして,あなたご自身も,大いに貢献されると信じています。
9どのようなギアがニレカから用意されますか?
ギア一式の中にはキット袋,寝袋,ジャケット,毛布,ダウンまたはファイバージャケット、トイレットペーパー2つが含まれています。 その他に必要なものでニレカにあるものは、レンタルできます。