マナスル トレッキング

マナスル トレッキング

概観

同コースは,マナスル地溝帯の脇をトレックするコースで,わずかにトレッカーが行き交うだけの,多くは登山遠征隊の主要ルートとして用いられてきたものです。そのマナスル峰(8156m)は,1956年の初登頂まで4年にわたり日本遠征隊がアタックしたので,日本人の山としても知られるようになりました。

コースは,ガネシュ峰(7429m)とヒマールチュリ(7893m)の間に切り込む渓谷を抜けます。そこには,人の行き来を拒む荒々しい絶壁に沿って村々が存在します。やがて,古代仏教の遺産を髣髴させる石造の神社や寺院と共に,マナスル峰の雄姿を目にすることができます。

ラルキャ・ラ(5153m)へのアプローチはきついものですが,マナスルからヒムルン・ヒマールにかけての息を呑む分水嶺の光景から十分に労われます。ここからマルシャンディ渓谷までの鋭い下りを降りると,アンナプルナからの分かりやすいコースに辿り着き,ポカラやカトマンズへと戻ることができます。

スケジュール


行程
01 Kathmandu (1375m)に到着
02 Kathmandu 観光
03 車で Arughat (500m)まで
04 Khorsani Bazar (850m)までトレック
05 Machha Khola (950m)までトレック
06 Baggar(Jagat) (1350m)までトレック
07 Philim (1640m)までトレック
08 Deng (1865m)までトレック
09 Namru (2700m)までトレック
10 Lo Gaun (3180m)までトレック
11 Sama Gaun (3530m)までトレック
12 休憩&高度順応日
13 Karmo Kharka (3550m)までトレック
14 Samdo (3900m)までトレック
15 休憩&高度順応日
16 Larke Phedi (4400m)までトレック
17 Larke La Pass (5153m)までトレック、 そして Bhimtang (3695m)までトレック
18 Gho (2560m)までトレック
19 Dharapani (1990m)までトレック
20 Tilje (2300m)までトレック
21 Taal (1707m)までトレック
22 Bhulbhule (846m)までトレック
23 車で Kathmanduまで
24 自由日
25 出国

ギャラリー